弁護士紹介

弁護士 渡邉 祐介
Yusuke Watanabe

略歴

昭和51年千葉県浦安市生まれ
市川高等学校 卒業
中央大学法学部 卒業
上智大学法科大学院 修了

大学卒業後、大手IT企業でSEとしての勤務を経て、弁護士に転身。
弁護士登録後、都内法律事務所勤務を経て、平成31年1月ワールド法律会計事務所を設立。

趣味・嗜好

趣味・特技 バスケットボール
好きな言葉 「あきらめたらそこで試合終了だよ」
好きな映画 『ショーシャンクの空に』
好きな観光地 京都、北海道
好きな食べ物 ラーメン
好きなスポーツ ゴルフ、スキー
好きなTV番組 『じゅん散歩』

ごあいさつ

弁護士の渡邉祐介(わたなべゆうすけ)です。

この度は弊所ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

私は元々はIT企業でSEとして働いていましたが、もっと直接的に個人の方の助けとなったり、支援したりしていけるようになりたいという想いから弁護士を志すようになり、前職を辞し、宅急便の配達など肉体労働の合間を縫っての司法試験受験期間を経て、弁護士資格を取得しました。

今でも街中でクロネコマークや緑色の台車で配達している方々を見かけるたびに、弁護士を志した頃の初心に帰る思いになります。

弁護士になってお客様から時々、「先生って、なんだか弁護士っぽくないですね」ということを言われることがあります。

「わたし元々は弁護士じゃなかったので~」などと経歴を話したりもしますが、弁護士っぽいってどういうイメージなのかよくよく伺ってみると、「堅苦しい」「話が難しい」「クソ真面目」「話を聞いてくれずに一方的にしゃべられそう」「なんか怒られそう」などといった先入観や固定観念があるようです。

冗談一つ言っただけで「弁護士なのにそういうことも言うんですね!」と驚かれたときは、逆に私の方が驚きました。

法律事務所のTVCMもみられるようになり、一昔前よりは弁護士が身近になってきたとはいえ、それでもまだまだ、弁護士に対する敷居の高さや固定観念があることを、身に染みて実感しています。

パートナー税理士である山口税理士も、私同様に民間企業勤務を経て税理士に転身した人間ですが、いい意味であまり税理士っぽくはありません。

ワールド法律会計事務所は、ご相談に来られた方々にとって、気軽にはなしやすい事務所、弁護士や税理士に対する敷居の高さや固定観念をいい意味でくつがえせる事務所、相談後や事件終了後に清々しい気分になっていただける事務所でありたいと思っております。



解決事例

お客様の声